2016年05月30日

激減した外猫


10年ほど前には外猫が10匹以上いて、近くの駐車場で数匹が集まって猫会議をしているのを、
よく見かけたものでした。
そして少し数が減っても、またどこからともなく新顔が現れ、一昨年までは7〜8匹いました。

ところがこのところ数がグンと減って、毎日見かける猫はふうとクロ2だけになっています。
前々から望んでいたことですが、実際にいなくなると思っていた以上に寂しくなりました。


ふう

ran160530_1s.jpg




クロ2

ran160530_2s.jpg




どうして減ったのかというと、みんな歳を取って寿命が尽きたのと、
不妊手術があちこちでされるようになり、仔猫が生まれなくなったからです。
それから猫好きが多く住む地域であるため、少なくなったノラ猫たちは、
それぞれどこかで餌を貰って満足し、移動しなくなったようです。

クロ2はまだ去勢していないので、夕方になるとアオアオ鳴いて煩く、
だいぶ前から手術をしなくてはと思っていました。
幸いクロ2の努力は報われそうになく、急ぐことは無いと安心していたのですが・・・。

近所で新しいキジ猫の目撃情報があり、私も同一猫か分かりませんが2〜3度見かけました。
それが体つきや顔からどうも雌っぽいのです。
クロ2がやたら張り切って鳴いているのも、もしかしてこのキジ猫のせい?と、心配になってきました。

このキジ猫はとても気が強く、フェイクがケンカをしてこっぴどくやられました。(目撃者あり)
かわいそうにご近所のアイドルのフェイクは、片前足に重症を負い、
ご近所のKさんが病院へ連れて行き、完治するまでKさん宅でお世話になることになりました。

するとお家の中でも落ち着いて暮らせそうなので、血液検査をして感染症の無いことを確認し、
ご近所のSさんが飼ってくださることになりました。
フェイクももう10歳ぐらいになり、人懐こいだけに外猫暮らしはかわいそうでしたので、
お家の中で安心して暮らせて幸せいっぱいのことでしょう。

夫の怖い手術に更におまけまでついて、暗雲が立ち込めている我が家ですが、
クロ2の去勢とできたらキジ猫の手術を、急いで考えた方が良さそうです。


posted by 時々仮ママ at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする