2016年07月31日

迷い


わたしも食べようっかなあ・・・。

ran160731_1s.jpg




う〜ん。

ran160731_2s.jpg




遊ぼうっかなあ・・・。

ran160731_3s.jpg




やーめた。

ran160731_4s.jpg




起きてシャキンとしようかな・・・。

ran160731_5s.jpg




ダメだあ・・・。

ran160731_6s.jpg




テーブルの上に乗ろうっかなあ・・・。

ran160731_7s.jpg




あ、見られてる。

ran160731_8s.jpg

犬猫にもいろいろと迷うことがあるようです。

私も昼寝をしようっかなあ・・・。


続きを読む
posted by 時々仮ママ at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

それぞれの過ごし方


ひなちゃん、そこでなんしてるの?

ran160730_1s.jpg




毛づくろいよん♪  あ、そう。

ran160730_2s.jpg




モモは少し前進。

ran160730_3s.jpg




トイレをしっかり使うようになってきました。

ran160730_4s.jpg






茶子はおとなしくよく寝ています。

ran160730_5s.jpg




おや?

ran160730_6s.jpg






庭の花

ran160730_7s.jpg
バラ マガリ


続きを読む
posted by 時々仮ママ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

夏だあ!


夏だあ!

ran160729_1s.jpg

歯があちこち抜けているのが丸見え。




かあちゃ〜ん。

ran160729_2s.jpg




暑いかもね。

ran160729_3s.jpg




ん?

ran160729_4s.jpg




あれはニャンだ?

ran160729_5s.jpg




おおお、小鳥だあ!

ran160729_6s.jpg

そんなに目を見張ることですかね。
モモの目はとても大きいです。




ポテトサラダ

ran160729_7s.jpg

3種類のじゃがいもを使いました。(男爵、シャドークイーン、ノーザンルビー)
いろいろな品種があるものです。


続きを読む
posted by 時々仮ママ at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

ニャンニャン蝉


ついに梅雨明けしました。

ran160728_1s.jpg




一段と暑苦しいのがおしゃべりかりん。

ran160728_2s.jpg




しゃべるわしゃべるわ・・・、まるでニャンニャン蝉。

ran160728_3s.jpg




ran160728_4s.jpg




ran160728_5s.jpg




ran160728_6s.jpg

もうすぐかりんと暮らし初めて10年になりますが、未だに何を言っているのか半分も分かりません。

ああ、うるさい!






庭の花

ran160728_7s.jpg
姫ひまわり


続きを読む
posted by 時々仮ママ at 15:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

多頭飼育崩壊 モモの場合


モモの寝顔を撮ろうとしたら・・・。

ran160727_1s.jpg

気付かれました。




保護された動物の以前の生活を考えてもしょうがないし、あまり意味も無いと思っているのですが、
モモの場合、肝リピドーシスという病気の診断には、どういう生活をしていたかはとても重要です。
原因をなるべくはっきりさせ、再発は絶対に防がないといけません。

そこであちこち調べてみました。
保護団体や個人のボランティアさんのブログをのぞくと、ポツポツと状況が見えてきて、
繋ぎ合わせると以下のことが分かりました。
(つぎはぎなので間違いがあったらお許しください)

某保護団体にSOSが入ったのは1年と少し前で、すでに現場には個人ボランティアが入り、
不妊手術を済ませ毎日世話と掃除に通い、疲弊しているのを見かねた近隣の方からの相談でした。

保護をしていて一番不足しているのは、保護猫を住まわせる場所ですから、
取りあえず体調不良の子たちの治療をし、そのアパートに置きながら里親と一時預かり探し始めたようです。
この時点で猫は29匹いて、その後立ち退きを迫られたのを交渉し、
猫たちの生活は何とか守られてきました。

ところが今年の5月になって飼い主が逮捕され、強制立ち退きになったため猫の居場所が無くなり、
5月24日に保護団体が入り25匹中16匹を捕まえてセンターへ収容。
残り9匹の内にモモは入っていたので、怖がって逃げていたのでしょう。

そしてモモは6月3日に収容されてますので、かわいそうに捕獲器を使われたのかも知れません。
マイクロチップを挿入され、記録では体格は大となっていました。
年齢はその崩壊場所には5歳未満の猫しかいないという飼い主申告に基づき、
全員5歳になっていましたが、獣医さんのお話ではもう少し若いのでは?でした。
そのためモモの仲間は推定3〜5歳で里親募集されているようです。

収容されたときに体重が量られていれば、元の体格とどれだけ減ったか分かるのですが、
多い時で成猫が40匹収容されていましたから、とてもそこまで手が回らなかったのでしょう。
怖い思いをして捕獲され、激変した環境にモモは食べることができなくなっていったようです。

5月20日に私がセンターに行ったときは、普通に触れる子はすでに引き出されるか予約になっていて、
女の子で安心して触れる子は1匹もいませんでした。
モモだけが2人に咬みついていましたが、引っ掻かないのであれば何とか扱えるかと、
獣医さんと相談の上引き取りました。
それからはブログに書いてきた通りです。

モモはごく普通に飼われていたら、こんな病気にはなっていません。
動物を飼うということは、その命に最後まで責任を持つということです。
責任を持てないのなら安易に飼ってはいけないし、まして繁殖させるなど論外です。
どうして29匹までになったのか分かりませんが、この猫たちが幸せに暮らせるようになるまでは、
大変な労力と費用が必要です。
猫に罪は無いし、どうして人間はわざわざこんな酷いことをするのでしょうね。






庭の花

ran160726_5s.jpg
浜木綿


posted by 時々仮ママ at 14:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする