2016年07月26日

肝リピドーシス(脂肪肝)


モモを動物病院へ診察に連れて行きました。

血液検査の結果はまた良くなっていたのですが、ビルビリンは上がっていてがっかり。
下がっていると思ったのですけれどね。

モモはまだ黄色いし、薄汚れて美猫台無しです。

ran160726_1s.jpg




ran160726_2s.jpg




モモに怒られながら拭いてもなかなか汚れ取れません。

ran160726_3s.jpg




ran160726_4s.jpg

回復はかたつむりの歩み状態なのかな?
食べ始めたら亀になるのかな?
初めてのことなので分かりませんが、前に進むのみです。



人間の脂肪肝は栄養の取り過ぎで、肝臓に脂肪が溜まってなりますが、
猫のは逆に絶食したりすると、体中の脂肪を肝臓に集めてしまう猫独特の病気なのだそうです。

モモの発症原因は、多頭飼育のためどうもごはんを食べ放題で肥満していて、
(センターの収容時の特徴は体格が大)
捕まってセンターへ移動したストレスからごはんを食べなくなり、
センターで過ごした17日間の内に悪くなっていたようです。

そこにノコノコと私が出かけて行って、センターから出たら落ち着いて食べるようになるだろうと、
我が家へ連れて帰ったらとんでもないことになりました。

肝臓は再生能力のある臓器だそうで、モモのように肝リピドーシスとはっきりしている場合、
根気強く栄養を取らせ続ければ、肝臓から脂肪が無くなってしっかり機能するようになるはずです。

治療には2〜3か月掛かり、猫によっては半年から1年掛かることもあるそうで、
焦らず看病を頑張るしかありません。
8月末までにずっと良くなっていることを祈っています。


posted by 時々仮ママ at 21:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする