2017年06月09日

静かに横たわるだけ


ひなは午前中は起き上がって排泄しようとしましたが、
夕方には横たわったまま少し身体を動かして排泄しています。
寝返りを打つのがやっとになってきました。


昼頃のひな。

ran170609_8s.jpg




ran170609_9s.jpg




午後のひな。

ran170609_10s.jpg




ran170609_11s.jpg




夕方の輸液の後のひな。

ran170609_12s.jpg




ran170609_13s.jpg


輸液を終えて洟を取ってあげていると、呼吸がおかしくなり口で数回息をしましたが、
すぐに元通りになりました。

水は飲ませようとしても頑として口を閉じて拒否します。
輸液の吸収もすっかり悪くなり、僅かしか入れることができません。

静かに横たわるだけになりましたが、撫でてあげると小さくゴロゴロ言っています。




藪ランの一種の実

ran170609_14s.jpg

花も少し大きくてきれいですが、葉の陰にたくさんの実を付けていました。


posted by 時々仮ママ at 19:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肉球の色が変化


昨夜寝る前のひな。

ran170609_1s.jpg




あれ?ひなの肉球がずいぶん白っぽくなっています。

ran170609_2s.jpg




かりんとモモは椅子の上で一緒に。

ran170609_3s.jpg




今朝のひな。

ran170609_6s.jpg




鼻の色もやや薄くなり、

ran170609_4s.jpg




肉球はすっかり薄いピンク色になっていました。

ran170609_5s.jpg

ひなの肉球は濃いこげ茶色でした。
いつの間にか変わっていて気が付きませんでした。

いつごろから変わってきていたのか、写真を見て確かめようとしましたが、
見てみると肉球が写っている写真は極僅かしかありません。
それでもだいたい昨年の夏頃から色が薄くなり、秋から白っぽくなってきたのが分かりました。
これは老化現象だそうです。




ベニカンゾウ

ran170609_7s.jpg

新芽は山菜として食べられ、蕾もおいしいのだそうです。

ところが猫には猛毒で、このキスゲの仲間やユリなどは、花粉が猫の身体にくっ付きそれを舐めると
急性腎不全を起こし、直ちに治療しなければ死に至るのだそうです。
(犬や他の動物には無害)
花の名前が分からなくなり、調べていたら記事がありました。

オリヅルランもかりんが猫草代わりによく齧っていましたが、食中毒を起こす猫もいるそうなので、
室内に入れるときは気を付けるようになりました。


posted by 時々仮ママ at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする