2017年06月16日

大事な水分補給


梅雨に入り今のところ雨はあまり降らないものの、やはり蒸し暑くなってきました。
熱中症対策が必要な季節です。

茶子は我が家へ来たときからあまり水を飲みません。
茶々丸の半分も飲まないので元ママに尋ねたら、元々余り飲まない子なのだそうです。


散歩から帰って冷蔵庫の前でうれしそうな茶子。

ran170616_1s.jpg




おやつちょうだい!

ran170616_2s.jpg




冷蔵庫から出てくるのを待つ顔は真剣です。

ran170616_3s.jpg




おやつを食べてからやっと水を飲みます。

ran170616_4s.jpg

普通は散歩から帰ったらまず水を飲むと思うのですが・・・。

散歩の途中で飲ませようとしてもビビッて飲まないし、
これでいいのかちょっと不安です。


モモは割とよく水を飲みます。

ran170616_5s.jpg




かりんも釣られてか飲む姿をよく見るようになりました。

ran170616_6s.jpg

かりんとモモは腎臓に問題はありません。
血液検査で異常が無ければ、水をたくさん飲むことはいいことです。


ひなの慢性腎不全が進むにつれて輸液の量がどんどん増え、ピーク時には1日5回に分けて
1パック(500ml)を皮下点滴していました。
それに口からも100mlほど飲んでいたので、体重が2キロを割ったひなには相当な量です。

それだけしなければ脱水状態になり、脱水状態になれば苦しくなるのは分かっていたので、
常に観察し手を抜くことができませんでした。

人間も病気になると、水分の補給が免疫力を高めることになるので、
なるべく飲むようにと勧められます。
特に高齢になってくると、水分の補給はとても重要になるようです。

犬猫も常に新鮮な水を用意し、なるべく飲ませるよう心掛けた方が良さそうです。


posted by 時々仮ママ at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする