2012年03月12日

ペットスケールは目盛りがポンド


さあ、体重測定です。

余裕のかりん

ran120311_1s.jpg




遊び半分のひな

ran120311_2s.jpg




不思議そうなラン太郎

ran120311_3s.jpg




ちょっぴり怖い茶々丸

ran120311_4s.jpg









庭の花

ran120311_5s.jpg
梅がゆっくり開花中



昨日このところさぼっていた体重測定をしました。

我が家のペットスケールは、特売で購入した外国製で、目盛りがポンド表示になっています。
そして、量るたびに針の位置がずれてなかなかきちんと量れない上に、
少し軽くかかってしまうというやっかいなしろものです。
ですから、ポンドをキロに計算しなおし、少し多めにしてだいたい正しい体重になります。

正確な体重を知ることよりも、体重の増減を把握することが重要なので、
ときどき量って確認するようにしています。
今回は、かりん、ひな、茶々丸はだいたい理想体重を維持し、
ラン太郎は順調に増えていることが分かりました。

ラン太郎以外は、フードをシニア用にしていますが、
シニア用にしてから太りにくくなったように思います。
フードは改良され、どんどん内容が良くなっているのでしょうね。

ラン太郎のフード仔猫用ですが、
サイエンスダイエットからメディファスへ替えているところです。
メディファスの方が価格が安い上に、形状が食べやすいようで良く食べ、
替えて正解でした。
ドライフードだけでもしっかり食べるので、買ってしまった缶詰は
お楽しみでときどき食べさせることにしようと思います。

ラン太郎の食餌はすっかり楽になりました。


posted by 時々仮ママ at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。