2012年05月04日

急なストレスのときにはホメオパシー


茶々丸が雷に怯えたり、新しい犬猫がやってきてかりんがハンガーストライキに
突入したときなどには、バッチフラワーレスキューレメディーを使っています。
ラン太郎も保護した当初は舐めさせていました。

犬猫は急に強いストレスを感じると、何も食べなくなりますので
ハーブを使いたくても使えません。
ペット用のナチュラルストレスリリーフは、甘いシロップなのでどの子も喜んで舐めます。

効果のほどは?  

正直わかりません。
いくらか緊張が和らぐかなぁ・・・といった程度です。

長く続いて体調を崩すようだったら動物病院へ連れていきますが、
とりあえず、かわいそうで放って置けない状態のときに使って様子を見ています。
このおかげかどうかわかりませんが、長くストレスを感じることはなくて
数日の使用で済んでいます。

何もしないでいるより手は尽くしているという、飼い主の精神安定への貢献の方が
大きいかも知れません。
飼い主のストレスは動物にも伝わりますから、お互いにリラックスしていたいものです。






ran120504_8s.jpg


posted by 時々仮ママ at 13:07| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。