2016年05月27日

歯の健康


茶子、歯みがきしましょう。

ran160527_1s.jpg




う〜ん、バニラミント♡

ran160527_2s.jpg




しっかり磨いています。

ran160527_3s.jpg




かりんとひなは歯みがきをしていません。

かりんは少し歯石が着いています。

ran160527_5s.jpg




ひなは保護したときからボロボロで、歯が何本も抜けています。

ran160527_6s.jpg






庭の花

ran160527_7s.jpg
サツキ



犬猫の寿命が延びたので歯の健康も大事になりました。
死ぬまでしっかり噛める歯を保ってあげたいものです。

猫の歯は肉を切り裂くためのもので、人に飼われている猫はフードを大抵丸飲みで食べるため、
歯が無くても食べるのには困らないのだそうです。
でもドライフードはけっこうカリカリと音を立てて食べているので、
ドライフード中心の食餌にしていると、歯石が着くのがいくらか防げるようで、
かりんの歯はそこそこきれいです。

かりんとひなはだいぶ前に1度家で歯石を取りました。
それでもひなの歯は何本も抜けていますが、ドライフードの療法食をもりもり食べているので、
歯が無くなっても大丈夫そうです。

茶子は我が家へ来て避妊手術をしたときに、一緒に歯のクリーニングもお願いしました。
それから毎日寝る前に歯みがきをしているので、今のところとてもきれいです。
だいぶ協力的になってきたので、奥歯も丁寧に磨けるようになりました。

犬は虫歯になることはまず無いそうで、歯垢を24時間以内に取らないと歯石に変わり、
それが積もり積もって歯茎を傷めるのだそうです。
酷くなると顎の骨が溶けたり、鼻に歯が突き抜けたりと信じられないような状態になります。

歯のケアは健康のためにも必要ですが、室内飼育をしていると口臭も問題になるので、
気持ち良く生活するためにも心掛けたいものです。


posted by 時々仮ママ at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。