2016年10月27日

食餌の進行


ひなは療法食を。

ran161027_1s.jpg




モモは完食。

ran161027_2s.jpg




かりんは残して上の段へ。

ran161027_3s.jpg




ひなの食べ残しをリビングケージの中にいれると、
一緒にひなが入ってかりんの食べ残しを食べ始めます。

ran161027_4s.jpg




するとかりんが下りてきて、並んでひなの食べ残しを食べます。

ran161027_5s.jpg




ごちそうさま。

ran161027_6s.jpg

ここでモモのごはんが残っていると、かりんが入って食べますが、
今日は無いのを確かめて、リビングケージの上に飛び乗ろうとしているところです。



今日は秋らしい爽やかな一日でした。
そのためか猫たちの食欲もまあまあで、あまり面倒をかけずに食べてくれました。

ひなは慢性腎不全用の療法食を食べさせていますが、少し飽きてきたようで、
すぐに食べ始めるときはいいのですが、またこれ?と言わんばかりに食べてくれないときがあります。
するとひなの大好きなものを少々トッピングしたりしてして、
機嫌を取りながら食べさせなければいけません。

かりんにはごく普通のプレミアムフードですが、膀胱炎予防のハーブを混ぜたウエットフードを、
スプーン1杯だけトッピングしています。
1度に沢山食べるということをしないかりんは、ぐずぐずと時間をかけて食べる上に、
ひなの食べている療法食の方が好きなので、ひなの残りをあげると喜んで食べます。

そのためこの2匹の食べ残しは交換して食べさせると、だいたいきれいに無くなり、
モモの食べ残しがあればそれをかりんが食べるので、かりんのごはんは少な目に用意して、
調整するようにしています。
かりんとモモは同じドライフードなのに、かりんはモモの方がおいしいと思っていて、
残りがあれば喜んで食べるのがおかしいです。

3匹共だいたい体重が同じになり、かりんとモモにはちょうど良く、ひなはやや太めになりました。
ひなの病気が進行すれば、いずれ食べられなくなり痩せてくることになるので、
今は少し太っているくらいが良いと考えています。



posted by 時々仮ママ at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。