2017年02月24日

家猫修行 赤ちゃん抱っこ


モモの家猫修行は進み、だいぶ長く抱っこができるようになりました。

ran170224_1s.jpg

嫌がりますが赤ちゃん抱っこも少しできます。




やっと解放されたわ。

ran170224_2s.jpg




やれやれ。

ran170224_3s.jpg




おやすみなさい。

ran170224_4s.jpg




そっとしておいて。

ran170224_5s.jpg




いつかはかりんのようにベタ甘になり、

ran170224_6s.jpg




赤ちゃん抱っこもできるようになるでしょう。

ran170224_7s.jpg




かりんも来たばかりの頃は抱っこは嫌いで、気に入らないと咬む猫でした。
元は千葉のとある駐車場に住み着いていたノラ猫です。
懐っこい猫ではありましたが臆病で、うるさいくらいのおしゃべりは変わりません。

モモは29匹で多頭飼育されていた猫の1匹なので、経験不足による怯えがあり、
捕まえられてセンターに入れられたショックから、食べなくなった猫です。
センターでよほど怖い思いをしたらしく、人を咬み私も娘も咬まれました。

そして我が家へ来てからすぐに肝リピドーシスで黄色くなり、死に掛けました。
あの2か月間の経管栄養を思い出すとぞっとします。

命拾いをしたモモは今ではすっかり健康で食欲もあり、むっちりと丸い体型になりました。
少々嫌がることをしても口が出ることが無くなったので、そろそろ家猫修行は終わりです。
元々引っ掻くことはしないので、本当は怖がりなだけで優しい穏やかな性格なのだと思います。


posted by 時々仮ママ at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。