2012年05月08日

強いストレスが予想される場合はバレリアン


バレリアンは和名をカノコ草といって、
日本でも古くから赤ん坊の疳の虫などに使われてきたハーブです。

安全で穏やかに効く鎮静剤で、我が家にあるのは人間用で、
疲れてぐっすり眠りたいときに、レモンバームと一緒に飲んでいます。
目覚めがすっきりする睡眠導入剤の役割をし、
私は暑くて寝苦しいときに使って効果は実感しています。

茶々丸にはウエットフードに1カプセルを混ぜて与えました。
以前保護した犬も、夜になっても吠え続けるので、
食べさせたらぐっすりおとなしく朝まで寝てくれましたので、
常備しておくとなかなか良いハーブだと思います。
独特の臭いがするので、食べるようだったら猫にも使えます。

花火大会の前や雷警報が出たら、早めに与えておくとひどいパニックは
避けられるかも知れません。






ran120508_8s.jpg



posted by 時々仮ママ at 15:11| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

急なストレスのときにはホメオパシー


茶々丸が雷に怯えたり、新しい犬猫がやってきてかりんがハンガーストライキに
突入したときなどには、バッチフラワーレスキューレメディーを使っています。
ラン太郎も保護した当初は舐めさせていました。

犬猫は急に強いストレスを感じると、何も食べなくなりますので
ハーブを使いたくても使えません。
ペット用のナチュラルストレスリリーフは、甘いシロップなのでどの子も喜んで舐めます。

効果のほどは?  

正直わかりません。
いくらか緊張が和らぐかなぁ・・・といった程度です。

長く続いて体調を崩すようだったら動物病院へ連れていきますが、
とりあえず、かわいそうで放って置けない状態のときに使って様子を見ています。
このおかげかどうかわかりませんが、長くストレスを感じることはなくて
数日の使用で済んでいます。

何もしないでいるより手は尽くしているという、飼い主の精神安定への貢献の方が
大きいかも知れません。
飼い主のストレスは動物にも伝わりますから、お互いにリラックスしていたいものです。






ran120504_8s.jpg


posted by 時々仮ママ at 13:07| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

ラン太郎のごはんとトイレ(2)


◎ラン太郎のごはん

ラン太郎の食餌は、1日2回ドライフードを欲しがるだけ食べさせるようになりました。
食べ方はゆっくりですが、しっかり食べます。
ウエットフードは様子をみて、お楽しみにしたいと思っています。




ran120311_6s.jpg






◎トイレ

流しで1日2回させて失敗は無いのですが、トイレも用意しました。

夜間や外出の際は、サークルの中にラン太郎を入れていますが、
そのときはこのトイレもサークルの中に入れ、
フリーにしているときはサークルの外に置いて様子を見ようと思います。

かりんとひなはフードつきのトイレを使っているのですが、
これを使われそうです。
さっそく2匹は興味津々で近づいていました。




ran120311_7s.jpg


posted by 時々仮ママ at 13:15| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

ラン太郎のごはんとトイレ

◎ラン太郎のごはん

ラン太郎の餌は、サイエンスダイエット・キトンとウエットフードです。

まず、ドライフードをそのまま食べさせておいて、それから少し間を空けて、
ふやかしたドライフードを潰しながらウエットフードを少しだけ混ぜて、
テーブルの上でスプーンで食べさせています。

ドライフードはあまり好きではないようで、自分で食べられるのに少ししか食べません。
ふやかしたフードだけでも嫌がりますので、ウエットフードを少し混ぜるとよく食べます。
猫は餌を舌で絡め取るように食べますので、スプーンで食べさせるのには
すこしコツがいりますが、2〜3分で終わり簡単です。

小柄であまり動かないラン太郎は、小食でフードはなかなか減りません。
もっと食べさせて太らせたいと思い、なかなか自分で食べるのに任せることが
できずにいます。
食欲が旺盛になってきたら、自分でたべられるようになると思います。


◎ラン太郎のトイレ

1日2回、流しでティッシュペーパーでちょんちょんと刺激するとおしっこをします。
その後続けて肛門を撫でるように刺激するとうんちをしています。
この方法でトイレはほぼ完璧です。
トイレの間隔は12時間以上空いても大丈夫です。

我が家はキッチンの裏に洗濯スペースと猫のトイレを置く場所があり、
そこの流しを使っているのですが、人間の水洗トイレや庭でさせても大丈夫だと思います。

もう少ししっかり立っていられるようになったら、ペットシーツにするように
しつけることも考えていましたが、今の方法が楽で清潔なので
このままでいいのではと考えています。



1日2回のトイレと食餌の世話をすれば、後は水をいつでも飲めるようにしておいて、
目を長く離すときや夜間はサークルの中に入れています。
ドライフードも出して置きたいのですが、我が家では目を離すと他の子たちが
食べてしまうのでできないでいます。

おとなしくごそごそと好きな場所に移動し、部屋を荒らすことも粗相も無く
飼育は本当に楽です。




ぼくのごはん

ran120128_1s.jpg




水は上手に飲めるよ♪

ran120128_2s.jpg




posted by 時々仮ママ at 14:10| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ケア 〜ハーブ編(2)〜

sapuri.JPG

カールくんの食べているハーブは左から、
スピルリナ、いちょう、ウリナリー、ホーソーン、オレゴングレープ、
ネトル、エキナセアです。

ハーブの量は、人間の1/10を2食に分けて、スピルリナを除き
ウエットフード20gに混ぜて食べさせています。
嫌がらずに食べてくれるので助かります。

スピルリナはドライフードを食べる前に、1粒を手から食べさせます。
嫌がるときは、数粒のフードと手のひらに乗せると一緒に
食べてしまいます。


スピルリナ

総合栄養剤で、人間の医師も獣医師も推奨するサプリメントです。
手作りの食餌にも使うと、ずっとバランスが良くなります。
アレルギー体質の改善にも有効です。

いちょう(ギンコビロバ)

特に細い毛細血管の血流を良くします。
高齢になった動物の老化による疾患に使われます。

ウリナリ―

膀胱炎の予防と治療に使います。
クランベリーを中心に、ダンディライオン、マシュマロウ、
クリーパーズ、コーンシルク、ゴールデンシールのブレンドです。
数種のハーブをブレンドすることにより、相乗効果を高め、
摂取量が少なくて済むようです。

ホーソーン

心臓の血流を良くして、免疫力を高めます。
高齢になった動物に慢性腎不全の兆候が現れたら、
いちょうと一緒に与えます。

オレゴングレープ

エキナセアに少量を加えて、効果を増すために使用しています。
エキナセアの一割の量です。

ネトル

栄養価が高く、消炎効果があります。
鉄分が豊富なので貧血に効果があり、
猫には特に血圧を下げる効果も期待できます。

エキナセア

天然の抗生物質で、多くの細菌に効果があります。
連用すると効果が薄れるといわれているため、
5日続けたら、2日はネトルに替え、また5日続けることを
繰り返しています。


どれも人間用で、通販を利用して簡単に手に入れられるものです。
カールくんの慢性膀胱炎のために考え、与えてきました。
完治することは無いと言われていますので、抗生物質を使わず、
なるべく良い状態を保つことが目標です。




posted by 時々仮ママ at 11:35| Comment(3) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ケア 〜おむつ編(4)〜

00kea07.jpg


カールくんのお腹は、とてもいい調子です。
おむつ交換も1日3回になりました。


朝8時  ごはん、トイレ、おむつ交換 

夕4時  ごはん、トイレ、おむつ交換

寝る前  おむつ交換 (夜間は紙おむつのみ)


ウ○○はずっとトイレへ入れたときにしています。
1〜2日に1回、とてもいいウ○○です。

紙おむつで擦れてただれた皮膚は、毛が生えてほぼ治りました。
ワセリンは、状態を見ながらときどき塗っています。

臭いについてよく聞かれますが、
おむつを換えた後は、ほとんど臭いません。
おむつが濡れてくると、それなりに臭ってきますが、
人間の赤ちゃんのようなものです。

すっかり習慣になりましたので、ずいぶん楽になりました。




posted by 時々仮ママ at 19:12| ☁| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

ケア 〜ハーブ編〜

00kea06.jpg

カールくんの健康維持のため、ハーブを使っています。

我が家にあるものを中心に、ネットで猫にも大丈夫か調べ、
量を考えて与えていました。

内心不安でしたので、前から欲しかったけれど買えずにいた
『ペットのためのハーブ大百科』を思い切って買いました。

今日届いたので、早速今まで使っていたハーブに目を通しました。

ばっちり正解でした!ああ良かった!!


現在使っているのは、
  ・スピルリナ  ・クランベリー
  ・エキナセア  ・ネトル

で、エキナセアとネトルは交互にしています。


茶々丸が我が家に来たばかりのころ、気管支炎を起こしました。

抗生物質を先生に出していただいたのですが、なかなか治らず、
エキナセアとネトル、スピルリナを与えたら、良くなり始めました。

どうも気管支が弱いようなので、それ以来スピルリナをずっと
食べさせています。
かりんもひなも喜んで食べるので、餌に加えています。

友人が保護してそのまま飼っている柴犬も、アレルギー性皮膚炎になり
毛が薄くなっていたのですが、スピルリナを薦めたところ、
みるみるうちに毛が生えそろい、そのまま続けています。

これは、特にお奨めですよ。
posted by 時々仮ママ at 16:23| ☁| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

ケア 〜おむつ編(3)〜

00kea04.jpg

カールくんはおぱんつカールなのに、
ずっとおむつカールでした。(ごめんなさい。)

いくつか試作し、久しぶりにミシンまで持ち出したのですが、
不器用な仮ママはさっぱり良いのが作れません。

そこで、ひらめいたのが赤ちゃんのトレーニングパンツ。
80センチのお古を譲っていただきました。

これは、後ろ前ではなく普通に尻尾穴だけ開けてはかせます。
おむつカバーの上からはかせて、これで長い時間安心です。


00kea05.jpg

どうです!似合うでしょう?!

ところで、カールくんのお腹は絶好調です。

この半月の間は、ずっとトイレでウ○○をしています。
それも、だいだい毎朝になってきました。

毎朝、カールくんのウ○○を見て感激している仮ママです。
posted by 時々仮ママ at 10:22| ☔| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

ケア 〜ごはん編3〜

00kea03.jpg

グリニーズのピルポケット、便利だけど・・・高い!
手作りに挑戦してみました。


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
  

  手作りピルポケット(かつお味)


■レシピ

     本かつおだし 顆粒    5g (スティック1本)
     (化学調味料・食塩 無添加)

     小麦粉       大匙 1杯

     水         小匙 1杯

     オリーブオイル   小匙 1/2杯


■作り方

     かつおだし+水+小麦粉+オリーブオイル
     の順でよく混ぜ合わせる。

     電子レンジで5秒ほどチンする。

     よく練って、冷めてきたら形を作る。



はい!これだけです。
   
グリニーズのピルポケット(写真右)と比べても
同じに見えるでしょう?
この分量で、14個できました。

ラップに包んで冷蔵庫に入れ、1週間ぐらいで
消費してくださいね。

オリーブオイルをサラダ油にしてもいいし、
お腹のゆるい子には、水を増やしてオイルを少なく
するといいかも。


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−


猫3匹はもちろん、茶々丸も喜んで食べました。

これで、猫に薬を飲ませる悩み、解決かな?  
posted by 時々仮ママ at 15:07| ☔| Comment(1) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ケア 〜おむつ編(2)〜

00kea02.jpg

カールくんのおむつは、カバー(ウール100%50センチ)を
使うことで漏れ出す心配がぐんと少なくなりました。

おむつ交換も1日に3〜4回に減っています。

朝ごはんの後、おむつを交換するときにトイレ(フードつき)へ
入れることにしました。
犬猫は、排泄する場所を選び、それまで我慢する性質がありますから、
うまく習慣になってくれればと考えています。

成功率はまだ50%ですが、お腹の調子が安定すれば
もっと確立が上がるでしょう。
posted by 時々仮ママ at 11:54| ☔| Comment(0) | ケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする